EMIES 全日本電子楽器教育研究会 第5回 学生のための電子オルガンによる作品コンテスト

応募用紙ダウンロード

WEB応募

向谷 実 Mukaiya Minoru

向谷 実

音楽プロデューサー/ミュージシャン
生年月日1956年10月20日 東京都世田谷区出身 血液型A型
5歳から始めたピアノを13歳でエレクトーンに転向、その翌年には ヤマハジュニア演奏研究会の第1期生に選出される。高校卒業後ネム音楽院に進学、在学中に出会ったメンバーと結成した「カシオペア」のキーボーディストとして1979年にメジャーデビュー。在籍中は作編曲を数多く担当し海外でも高い人気を誇る。
インターネットによる動画配信を積極的に導入し音楽の制作現場を中継、配信された楽曲はiTunesでJ-POP部門連続1位を獲得。2014年11月にSTAGEAを全面的に使用し、神保彰氏・富岡ヤスヤ氏などをゲストに迎えライブを開催。この模様はニコニコ生放送で公式放送され3万人を超えるアクセスを記録した。
幼少期より熱狂的な鉄道ファンでもあり、1995年、世界初の実写版鉄 道シミュレーションゲーム「トレイン・シミュレーター」を開発。鉄道会社や博物館にその技術が高く評価され、業務用シミュレータの開発、製作を行っている。
従来からの幅広い知識と切れ味鋭いコメントでテレビ・ラジオの出演も多数。

株式会社音楽館(HP)
http://www.ongakukan.co.jp/

新垣 隆 Takashi Niigaki

向谷 実

1970年、東京に生まれる。
4歳よりピアノを始め、ヤマハ音楽教室で作曲を学ぶ。幼少時からショパンの「幻想即興曲」に憧れ、小学校4年生のころにストラヴィンスキーに出会い「子供の領分」「春の祭典」等に大いに影響をうける。
千葉県立幕張西高校音楽科入学、この頃、自作の曲をアマチュア・オーケストラが演奏して自分で指揮するという機会を得て、ドビュッシーや武満徹的要素を交えた曲をつくる。
1989年桐朋学園大学音楽学部作曲科に入学。在学中、若き同志による型破りな音楽に視覚的な要素を加えた演奏会「冬の劇場」に参画。同学科を卒業後、作曲家ピアニストとして多岐にわたり精力的に活動する。
作曲家としては、昭和期における作曲家達の研究に従事し現代音楽を主体としつつ映画やCM音楽の作曲も手掛ける。
2013年度まで母校の非常勤講師を約20年にわたり務め、最近ではテレビ・ラジオ番組に多数出演。
2016年、自身13年ぶりとなる新作交響曲「連祷-Litany-」を発表し、同年11月に世界リリースされる。
作曲を南聡、中川俊郎、三善晃、ピアノを中岡秀彦、河内純、夢藤哲彦、森安耀子の各氏に師事。

林 祐介 Yusuke Hayashi

向谷 実

作曲家
1977年9月15日生まれ、東京都出身。
東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。

ヤマハ音楽教室にて4歳よりピアノを、7歳より作曲を、10歳でエレクトーンを始める。
作曲を続ける一方、高校在学中にシンセサイザーやコンピューターのプログラミングを独学で学ぶ。
やがて撮影監督である父・林淳一郎の影響もあり、映像に音楽をつける事に興味を持つようになり、映画音楽の作曲家を志す。
ダイナミックな音楽と繊細な旋律を高次元で融合し、ジャンルにとらわれずに幅広い音楽を創作する。
映画、TVの劇伴音楽、CM音楽等積極的に活動し、現在に至る。

主な劇場映画作品は
「ドッペルゲンガー」(2003)、「うた魂♪」(2008)、「BOX -袴田事件-命とは」(2010)、「あなたへ」(2012)、「カラスの親指」(2012)、「金メダル男」(2016)、「ReLIFE」(2017)、「散歩する侵略者」(2017)など。
「あなたへ」で第36回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。

PAGE TOP