蜈ィ譌・譛ャ髮サ蟄先・ス蝎ィ謨呵ご遐皮ゥカ莨夲ス廢lectronic Musical Instruments Education Society in Japan

全日本電子楽器教育研究会ホーム > 主催イベント情報 > シンポジウム : 事例発表


事例発表、特別寄稿、論文

'87年
第2回
1.福岡教育大学に於ける電子オルガン教育 福岡教育大学講師 松宮 敬
2.北海道芸術専門学校に於ける電子オルガンの位置づけ 北海道芸術専門学校校長 増山俊一郎
3.信愛学園高等学校の電子オルガンコースとレッスン 信愛学園高等学校校長 服部 頴明
信愛学園高等学校講師 古市 正子
4.電子オルガン社会化への道 東京コンセルヴァトアール尚美助教授 古屋 国忠
'88年
第3回
1.北海道に於ける電子オルガンの社会化
札幌アカデミー合唱団指揮者 永井征男 
2.オランダのコンセルヴァトアールに於ける電子オルガン
Brabantsコンセルヴァトアール客員教授 Leo Kruijne
3.現代音楽と電子楽器及び電子オルガン
作曲家・東京芸術大学講師 松下 功
'89年
第4回
事例発表−1
第一グループ〔音楽大学・学校の電子オルガン専攻および副科における編曲・演奏〕
1.相愛大学の創作・演奏専攻における編曲・演奏 相愛大学講師 藤原嘉文
2.中国(北京、上海、天津音楽学院)の電子オルガン 北京、上海、天津音楽学院特別顧問教授 斎藤英美 他
3.編曲指導の基本的考え方“M.ラベルのボレロを使って” 九州女子短期大学助教授 松宮 敬
第二グループ〔コーラスおよびオペラにおける電子オルガン伴奏の編曲・演奏〕
1.オーケストラ代用としてのエレクトーン“合唱発表の場合” 合唱団“蒼の会”指揮者、八王子市立第六小学校教諭 倉岡 信
合唱団“蒼の会”代表、日野市合唱連盟理事長 舘 昭
2.電子オルガンによるオペラ伴奏“スコアリーディングと演奏について” ピアニスト 海津幸子
3.電子オルガン アンサンブルの音色、バランス、ダイナミクスの考え方
二期会、洗足学園大学助教授、東京芸術大学講師 河地良智
事例発表−2
教員養成大学における「編曲法」の演習について
−山梨大学における電子オルガンを使用しての一事例−
山梨大学教授 中嶋恒雄
'90年
第5回
事例発表−1
第一グループ〔音楽大学および専門学校における電子オルガン関連事例〕
1.創作・演奏コース第一期生を送り出して 相愛大学 沖 浩一
2.電子楽器と伝統音楽の融合
作陽短期大学 岡田敬二
3.シンセサイザー・オーケストラを用いた定期演奏会の一事例 北海道芸術専門学校 増山俊一郎、浜頭瑛嗣
4.電子オルガン専攻生の将来像をカリキュラムにどう位置づけるか  東京コンセルヴァトアール尚美 古屋国忠

 
第二グループ〔高等学校および海外コンセルヴァトアールにおける電子オルガン関連事例〕 
1.高等学校電子オルガン専攻生に対する基礎的なテクニック定着のための指導事例  聖徳大学付属高等学校 水木玲子 
2.信愛学園高等学校電子オルガンコース第一期生を送り出して  信愛学園高等学校 服部頴明

 
3.北京中央音楽学院と上海音楽学院を中心とした電子オルガンの現状  北京中央音楽学院、上海音楽学院 斎藤英美 
4.オランダ・ブラバンツ・コンセルヴァトアール電子オルガン専攻に留学して
 −2年間の経過報告−
 
ブラバンツ・コンセルヴァトアール 新田佳世 
第三グループ〔一般音楽界および教育界における電子オルガン関連事例〕
1.マリンバと私 マリンバ奏者 安倍圭
2.コーラスと電子オルガン“てらこんさーと3” 洗足学園大学 寺島尚彦
3.電子オルガンによる新作・作品展“Compositions '90” 日本音楽舞踊会議 作品部会 クリスティーヌ・尾藤
4.電子楽器の「教育的可能性」を探求する 東京芸術大学大学院 深見友紀子
事例発表−2
電子オルガンの編曲を考える
−Nixon in China(John Adams作曲)などの編曲を通して−
作陽短期大学 菊地雅春
'91年
第6回
事例発表−1
第一グループ〔音楽大学における電子オルガン専攻および副科実技関連事項〕
1.電子オルガンのための基礎テクニックの授業への導入 聖徳大学短期大学部助教授 水木玲子
2.電子オルガン専攻生のオリジナリティの育成例 高崎芸術短期大学助教授 松本玲子
3.電子オルガン専攻におけるパイプオルガンとシンセサイザー 熊本音楽短期大学講師 財津辰生
4.電子オルガン副科のカリキュラムと実技について 宇都宮短期大学講師 田中まゆ美
第二グループ〔話題提供=ミュージック・ラボラトリー、電子楽器教育、即興演奏〕
1.ミュージック・ラボラトリー・レッスンの一事例“北海道教育大学旭川分校の現状と展望” 北海道教育大学旭川分校助教授 畠澤 郎
2.電子楽器の教育的可能性“新しい鍵盤学習への一提案”
高崎芸術短期大学講師 深見友紀子
3.即興演奏法の一提案“テーマの発展による即興演奏の実際” Occidental College教授 DR.R.グレイソン
第三グループ〔エレクトーン協演によるピアノコンチェルト〕
1.グリークのピアノコンチェルトを協演して“ピアニストからの感想” ピアニスト、東京芸術大学講師 神野 明
2.電子オルガン副科の一事例“Mozartピアノコンチェルト第20番” 大阪音楽大学講師 松本博光
3.エレクトーンアンサンブルの可能性“指揮者からみた実際と留意点” 指揮者、東京学芸大学名誉教授 伊藤栄一
4.ピティナの一事例“京都における生涯教育学習コンサートでのピアノコンチェルトの試み” (社)全日本ピアノ指導者協会専務理事 福田靖子
事例発表−2
国立音楽大学における“応用演奏学科について”  国立音楽大学教授 竹内 剛
国立音楽大学助教授 山内正治 
'92年
第7回
事例発表−1
電子オルガン関連
1.ウィーンにおけるエレクトーンによるコンサート 国立音楽大学附属高等学校講師 菊池史枝
2.電子オルガンアンサンブルの指導 洗足学園大学講師 川本統修
3.電子楽器とアコースティック楽器の融合音によるコンサート 北海道芸術専門学校校長 増山俊一郎
電子ピアノ関連
1.電子ピアノを活用した新しいピアノレッスンと発表会への提案 神戸デジタルピアノフォーラム主宰 鈴木洋子
2.教員養成大学に於けるM.L.の効果的活用法 北海道教育大学旭川分校助教授 畠澤 郎
3.M.L.教育の可能性を探る 伊奈学園総合高等学校教諭 大串和久
事例発表−2
電子オルガン関連
エレクトーンによるオルガン作品の奏法 東北学院大学講師 伊澤長俊
電子ピアノ関連
Music Laboratoryの研究−M.L.の経緯と軌跡(歴史) 鶴見大学名誉教授 五十嵐忠
'93年
第8回
電子オルガン関連
1.ミラノとウィーンにおけるエレクトーン・コンサートに参加して 昭和音楽大学講師・文化庁派遣研究員 江上孝則
2.東京コンセルヴァトアール尚美のカリキュラムの考え方 東京コンセルヴァトアール尚美教授 古屋国忠
3.電子オルガンの作品について−東京音楽大学の作品発表会 東京音楽大学教授 有馬礼子
4.オランダのコンセルヴァトアールの電子オルガン科について 国立エンスヘデ音楽院教授 R.ルーチャー
M.L.関連
1.保育者養成課程の音楽教育におけるM.L.の効用について 基礎鍵盤技能習得および伴奏法におけるM.L.の有用性
2.基礎鍵盤技能習得および伴奏法におけるM.L.の有用性 国学院大学幼児教育専門学校講師 二宮紀子
3.「一人の世界」と「みんなで一つ」 伊奈学園総合高等学校教諭 大串和久
4.北海道におけるM.L.教育 北海道教育大学札幌分校講師 原田文夫
'94年
第9回
電子オルガン関連
1.創作オペラ“野菊の詩”をエレクトーンで初演して 作曲家、新・波の会理事長 黒髪芳光
2.高等学校における電子オルガン−信愛学園高等学校の事例− 信愛学園高等学校講師 古市正子・高橋由美子
3.電子オルガンによる音楽学習の新たな方法と可能性
 −jet指導室制作[おんがくのーと」の教育的位置づけ−
ヤマハ音楽振興会教材制作スタッフ 柘植由里子
4.中国民歌の電子オルガン編曲について
信州大学研究生・中国遥寧省本渓市文化局科員 呂 鋼
5.エレクトーンの音色創造と音場創造が新しい音楽表現の可能性を拡大する
 −エレクトーンとブラスが織りなす新音楽音響空間−
東京コンセルヴァトアール尚美教授 古屋国忠
同講師 小熊達弥
M.L.関連
1.楽しい創造的M.L.授業−フロッピーを使用してのアンサンブル− 高田短期大学助教授 三宅啓子
2.保育者養成に於ける即興演奏の意義とその一方策
 −M.L.を利用してのコード伴奏法−
育英短期大学講師 笹井邦彦
3.M.L.集団授業の効果的なあり方 名古屋女子大学教授 柏瀬愛子
4.本学におけるM.L.音楽教育の理念と実践
 −特にペア学習法と歌唱法について−
山形女子短期大学教授 藤澤 孚
5.音楽大学におけるM.L.システム導入に関する提案
 −教職志望の学生に、教員に相応しい力量を身につけさせるために−
昭和音楽大学短期大学部教授 千本威信
'95年
第10回
電子オルガン関連
電子オルガン専攻および関連学科開設校によるカリキュラム紹介 名古屋音楽大学/徳島文理大学/宇都宮短期大学
高崎芸術短期大学/聖徳学園大学短期大学部/中国短期大学
四国大学短期大学部/九州女子短期大学/熊本音楽短期大学
北海道芸術専門学校/台湾・台南家政専門学校
電子オルガン・演奏関連
1.茨城県のエレクトーン活用状況について 茨城大学教授 臼井英男
2.韓国におけるエレクトーン伴奏によるオペラ公演とそのインパクト 韓国・慶煕大学教授・大韓民国作曲家協議会議長 権 容進
3.東京音楽大学におけるエレクトーン伴奏によるオペラとその意味するもの 東京音楽大学教授・二期会理事 栗林義信
4.エレクトーン伴奏によるオペラ「ヒロシマのオルフェ」 福島大学教授・東京室内歌劇場運営委員長 竹沢嘉明
M.L.関連
1.ネットワーク、アンサンブルの可能性を求めて 横浜国立大学助教授 茂木一衛
2.保育者育成におけるM.L.を駆使した音楽教育への一試み 竹早教員保母養成所教員 三森桂子・橘 静香・阿方 葵
3.新しい高等学校音楽教育の方法−M.L.を利用した能動的授業の展開 宇都宮短期大学附属高等学校教諭 川出 厚
4.保育者養成教育におけるM.L.システムによる集団授業の試み
 −初心者の総合的音楽力取得をめざすカリキュラムとその実際−
山口芸術短期大学助教授 今村方子・田中敏夫
5.M.L.システムとコンピュータによる伴奏法指導の試み 秋草学園短期大学助教授 小倉隆一郎

96年(第11回)以降につきましては分科会の項をご覧下さい


繝壹シ繧ク縺ョ蜈磯ュ縺ォ繧ゅ←繧
Copyright(c) 1998-2012 by EMIES. All rights reserved.