蜈ィ譌・譛ャ髮サ蟄先・ス蝎ィ謨呵ご遐皮ゥカ莨夲ス廢lectronic Musical Instruments Education Society in Japan

全日本電子楽器教育研究会ホーム : 「全日本電子楽器教育研究会 第56回ワークショップ」


レポート EMIES 56th WORKSHOP
「オペラとエレクトーンの新たな出会い」
〜歌劇「ポッペアの戴冠」ハイライト〜
(作曲:クラウディオ・モンテヴェルディ)

2014年2月9日 ヤマハエレクトーンシティ渋谷 メインスタジオ

彌勒忠史氏のプロデュースのもと、従来のオペラ伴奏にとらわれず、新たな音楽作りを目指して開催されました。
この作品は、通奏低音で書かれた伴奏ですが、使用する楽器や構成音は演奏者に任されていたという彌勒氏による解説のもと、ストーリーの内容から、ロック、ジャズ、ヒーリング系、民族音楽など、様々なスタイルをとりいれた音楽が提案され、エレクトーンならではの音作りがなされました。

<出演者>

彌勒忠史
:プロデュース/カウンターテナー
平部やよい
:電子オルガン(エレクトーン)
和泉万里子
:ソプラノ
長谷川忍
:メゾ・ソプラノ
坂下忠弘
:バリトン

<曲目>

プロローグ”Prologo”
Fortuna(和泉)、Virtu(長谷川)、Amore(彌勒)
他の者たちが美酒を飲む運を得て”Ad altri tocca in sorte”
Poppea(和泉)、Ottone(坂下)
何か分からないものが”Sento un certo non so che”
Valletto(彌勒)
お前は私の祖先に”Tu che dagli avi miei”
Ottavia(長谷川)、Ottone(坂下)
ずっとあなたを見て あなたと楽しみ”Pur ti miro, pur ti godo”
Poppea(和泉)、Nerone(彌勒)

本ホームページに関するお問合せ

全日本電子楽器教育研究会 事務局

住所 〒153-8666 目黒区下目黒3-24-22
TEL 03-5773-0888(平日10:00〜18:00)
FAX 03-5773-0882


繝壹シ繧ク縺ョ蜈磯ュ縺ォ繧ゅ←繧
Copyright(c) 1998-2012 by EMIES. All rights reserved.