蜈ィ譌・譛ャ髮サ蟄先・ス蝎ィ謨呵ご遐皮ゥカ莨夲ス廢lectronic Musical Instruments Education Society in Japan

全日本電子楽器教育研究会ホーム : 「全日本電子楽器教育研究会 第59回ワークショップ」


レポート EMIES 59th WORKSHOP
「エレクトーンアレンジ法 Part2」
〜アレンジでお悩みのあなたにコードのお話〜
講 師 柏木玲子

洗足学園音楽大学

  日程 会場
6月30日(月) 洗足学園音楽大学
7月7日(月) 福岡女子短期大学

オリジナルアレンジを目指し、アレンジのヒントを具体的な音にしてレクチャーがなされました。Part2となる今回はなかでもコードプログレッションについてスポットをあて、様々なジャンルにアレンジをする際の和声の広げ方、またハーモニーに関する手法や奏法を解説しました。 最初は「ふるさと」を題材に、コードプログレッションのバリエーションから始めていきます。
続いて、「エーデルワイス」「アマポーラ」「アメージンググレイス」「浜辺の歌」「アイネ クライネ ナハトムジーク」と、コードを軸に、アレンジの様々なバリエーションが提示されます。
多種多様な音楽のエッセンスをとりこみ、それをアレンジに活かしていくところは、その発想の過程を辿っていくだけでも大きなヒントになるものと思います。

福岡女子短期大学

講 師 鳥居達子

国立音楽院

  日程 会場
6月25日(水) 国立音楽院
7月7日(月) 宇都宮短期大学
8月8日(金) 山口芸術短期大学
8月26日(火) くらしき作陽大学
8月27日(水) 大垣女子短期大学
9月7日(日) 札幌大谷大学
9月28日(日) 京都音楽院

オリジナルアレンジを目指し、アレンジのヒントを具体的な音にしてレクチャーをしています。Part2となる今回はなかでもコードプログレッションについてスポットをあて、様々なジャンルにアレンジをする際の和声の広げ方、またハーモニーに関する手法や奏法を解説しました。
「ロンドン橋」を例にして、コードネームの構造・構成音について解説があり、それを基に、ツー・ファイブや代理コードなどを使ったコード進行のバリエーションを提示しました。
次にとりあげたのは、「へ調のメロディー」。3つのパターンでアレンジを行い解説しました。最初はPopなイメージで、次はスウィング、最後はボサノバのリズムで展開をしています。それぞれのアレンジについてポイントをレクチャーし演奏を聴かせてくれました。

宇都宮短期大学

山口芸術短期大学

続いて「アメージンググレイス」ではゴスペルのイメージでサウンド作りをしていますが、その時にベースラインを意識して、というサジェスチョンもありました。次は、コードから離れ、旋法を使って今までとは違うイメージのサウンドに仕上げています。
最後は「トルコ行進曲」(モーツァルト)をとりあげていますが、ここではTangoでアレンジをしています。よりTangoらしいイメージにするため、メロディーや伴奏に様々な工夫を凝らしています。

くらしき作陽大学

大垣女子短期大学

札幌大谷大学

京都音楽院

会員向けWebサービス内ビデオ・音源ライブラリーにて動画をご覧いただけます。
ログイン・会員登録はこちらから

本ホームページに関するお問合せ

全日本電子楽器教育研究会 事務局

住所 〒153-8666 目黒区下目黒3-24-22
TEL 03-5773-0888(平日10:00〜18:00)
FAX 03-5773-0882


繝壹シ繧ク縺ョ蜈磯ュ縺ォ繧ゅ←繧
Copyright(c) 1998-2012 by EMIES. All rights reserved.