蜈ィ譌・譛ャ髮サ蟄先・ス蝎ィ謨呵ご遐皮ゥカ莨夲ス廢lectronic Musical Instruments Education Society in Japan

全日本電子楽器教育研究会ホーム : 「全日本電子楽器教育研究会 第64回ワークショップ」


レポート EMIES 64th WORKSHOP
「モチーフを展開するには何が必要?」
〜平部やよいの作曲、編曲、即興にも役立つモチーフ展開術〜
  日程 地区
2015年7月19日(日) ヤマハエレクトーンシティ渋谷
2016年8月8日(日) 山口芸術短期大学
9月23日(金) ヤマハなんばセンター
9月25日(日) ヤマハ東山センター

※使用している映像は、8/8山口芸術短期大学 及び、9/25ヤマハ東山センターにて収録しています。
映像は「会員向けWebサービス内ビデオ・音源ライブラリー」にてご覧いただけますが、
会員登録・ログインが必要です。詳しくはこちら
※著作権上掲載できない曲目があるため、当日行なわれたプログラムから割愛されている部分がありますのでご了承下さい。

作曲家が作ったモチーフや自作で浮かんだモチーフを、どのように扱って展開させたりアレンジしていけばよいかを、良く知られたモチーフを題材に演奏しながら説明。
モチーフの特徴となる音程やリズムを大切に、リハモナイズ時の留意点や発展のさせ方や、作曲にも編曲にも即興にも役立つノウハウを解説しています。

○「Wit Minuet」(バッハのメヌエット)より を題材にアレンジの解説をしています。
 メロディーのアナリーゼ、アレンジをしていく時の手順、リハモナイズをする為に代理コードにもふれています。

◆映像1

代理コードについて

○演奏 「Wit Minuet」(バッハのメヌエット)
◆映像2

○「ずいずいずっころばし」より
◆映像3

○コード機能により使用するScale
◆映像4

○山の音楽家
◆映像5

○まとめ
アレンジをするため、オリジナル作品を書くために、アナリーゼが大切である事を、どの様な方法で行なえばよいか具体例をあげて解説しています。
◆映像6

○演奏
オリジナル作品「サウンド・ギャラリー」の演奏でこのワークショップを締めくくりました。
◆映像7

2015年7月19日(日)ヤマハエレクトーンシティ渋谷

2016年8月8日(日)山口芸術短期大学

2016年9月23日(金)ヤマハなんばセンター

2016年9月25日(日)ヤマハ東山センター

会員向けWebサービス内ビデオ・音源ライブラリーにて動画をご覧いただけます。
ログイン・会員登録はこちらから

本ホームページに関するお問合せ

全日本電子楽器教育研究会 事務局

住所 〒153-8666 目黒区下目黒3-24-22
TEL 03-5773-0888(平日10:00〜18:00)
FAX 03-5773-0882


繝壹シ繧ク縺ョ蜈磯ュ縺ォ繧ゅ←繧
Copyright(c) 1998-2012 by EMIES. All rights reserved.