前ページへ 次ページへ
6ページ

レポート 第39回ワークショップ

【日 時】 2004年 9月26日(日)
【会 場】 エレクトーンシティ渋谷
【主 催】 日本電子音楽協会
全日本電子楽器教育研究会
【内 容】 作曲家の為のエレクトーンマニュアル」実践報告
及び日本電子音楽協会第11回定期演奏会


 日本電子音楽協会は会員50余名が所属する作曲家の集団である。文字通り「電子音楽」をテーマにコンサートを年1回程度開催している。今回の第11回定期演奏会は「電子」楽器をエレクトーン(ELX-1m)とし、5人の作曲家による新作発表が行われた。
 この企画は2年前の全日本電子楽器教育研究会「シンポジウム」に端を発する。その基調講演を行った作曲家・西村朗氏から「エレクトーンの為に曲を書こうとしてもマニュアルがない」との発言があり、これを受けた当実行委員会は管弦楽法をイメージした「作曲家の為のエレクトーンマニュアル」の制作に着手し、2003年末それを完成させた。その後、実行委員の一人である岩崎真氏(日本電子音楽協会事務局長・東京藝術大学)が率先して希望者を募り、5作品ができあがった。
 「三題噺」とは、落語でいう「お題拝借」であり、このコンサートの「遊び心」
でもあるが、5人の作曲家がそれぞれのお題を設定し個性あふれる作品となった。(プログラム参照)
 第1部は共催の全日本電子楽器教育研究会・ワークショップとして、岩崎氏の司会進行のもと、5人の作曲家による「作曲家の為のエレクトーンマニュアル」実践報告が行われた。
 マニュアルに関しては、「現代作曲家による(エレクトーン作品の)譜例が多く、作曲者の意図を知る上で興味深かった」、「エレクトーン独特の用語、表記がよく分かり奏者との会話に役立った」と高く評価された一方、「MIDIに関するインプリメンテーション.チャート」や「電子楽器に詳しい人のアイデアに応えるさらにマニアックな機能・操作説明」の必要性等、日本電子音楽協会メンバーならではの提案も出された。また、エレクトーンに関しては、「自己完結のイメージが強いが、MIDIの機能を活用し電子機器をつないだり、他分野とのコラボレーション等、汎用性を持たせることが新たな可能性をもたらす」との指摘もあった。

 第2部は日本電子音楽協会第11回定期演奏会としてのコンサート。
 水野作品はエレクトーン演奏によるMIDI信号をコンピュータ上のサウンドファイ
ルと映像コントロールに反映させ、音(=聴覚)と映像(=視覚)を融合させた音楽作品。
 山田作品は電子楽器と対峙する声と和楽器を組み合わせた作品。ここでは一部の
アリアだが、将来的にエレクトーンを使って全編を完成させたいと言う。
 米本作品はMIDI信号音そのものを聴こうというもの。MIDI端子に直接スピーカー
をつないだり、電磁波をラジオに混信させたり、自称、電気音楽家ならではの作品。



次ページへ続く



前ページへ 次ページへ
6ページ





本ホームページの無断複製・転載を禁じます。